白血病 初期症状 口内炎

口内炎だからといってバカにできない白血病の初期症状

スポンサーリンク

口内炎って一度は誰もが体験したことがあるのではないでしょうか?
よくビタミン不足、ストレスや疲れているといったことが原因だと言われています。
口内炎は大きくわけて2つの種類があります。
原発性と症候性です。
原発性は原因となるものが口腔内にある状態で粘膜に傷がつき、そこに感染症を引き起こしたものです。
ウイルスが影響するヘルペス性口内炎、傷がついたことで生じるカタル性口内炎が該当します。
症候性は疲労やストレス、栄養状態の低下、体全体に影響する病気が原因でなります。
アフタとよばれる潰瘍を形成するアフタ口内炎、カビの一種が原因のカンジダ性口内炎が該当します。
誰でも一度はなったことがあるものだけにこれがなぜ白血病の初期症状かなんて見当もつかないですよね。
白血病はいわゆる血液の『がん』です。
メカニズムこそ完全には解明されていませんが、造血幹細胞と呼ばれる血液細胞の大本が細胞分裂を繰り返す過程で異常が起きたものです。
血液細胞の白血球は免疫に関与するのはご存知かと思いますが、正常な細胞が作られない状態でもあるので白血病は免疫が著しく低下した状態です。

スポンサーリンク

口の中に傷ができれば細菌やウイルスの侵入を招いたり、常在菌と呼ばれる普段から口の中にいるなんの害もない菌にすら抵抗できなくなります。
白血病だからどの口内炎というよりはどの口内炎にもなる可能性が高いです。
そして、たかが口内炎、されど口内炎なのです。
口内炎になったことがあると思いますが、口内炎って痛いですよね。
しゃべるのも唾を飲み込むのも辛いです。
抵抗力が著しく落ちているわけですから38℃以上の高熱もあるかもしれません。
そして痛みがあって食べ物も飲み込めないことを想像してください。
非常につらいですよね。
想像以上に本人は辛いはずです。
もし身近な人もしくは自分自身に口内炎ができて2週間以上経過しても治らないようでしたら、病院の受診を進めたり考慮してください。
白血病はがんですが、治療効果が得られれば治る病気です。
もちろん白血病でなくただの口内炎ならばそれにこしたことはありません。
ところで口内炎ができたらどのような対処を行えばいいのでしょうか。
感染の程度によっては抗生物質の内服や点滴を行います。
うがい薬を使って口の中を清潔にすることも大切なのでうがいをしましょう。
痛みが強い場合は表面麻酔剤の含まれたうがい薬を使用することもあります。

スポンサーリンク