白血病 あざ 痛み 痛い

あざができたら痛いのが普通?白血病のあざは痛みが伴うのか

スポンサーリンク

白血病は血液の成分が異常な状態になる血液のがんと言われています。
酸素を運搬する働きのある赤血球、細菌やウイルスといった外敵と戦う免疫に関係する白血球、傷ができたら血を固めて塞ぐ血小板が主な血液の成分です。
白血病になるとがん細胞である血液細胞が異常な細胞ばかりを血液の工場である骨髄で作らせ、正常な細胞が作られなくなります。
その結果、汎血球減少という複数の血液成分が減少する事態を引き起こします。
体にあざができたりするのも、風邪をひきやすくなったり、めまいやふらつきなどの当たり前に生活してて感じる症状が白血病の初期症状であることがあります。
これらの症状が複数当てはまる場合は病院を受診して検査を受けることをおすすめします。
因みに白血病ではあざができやすくなったりすると書きましたが痛みはあると思いますか?
結論から言うと痛みは伴いません。
なぜなら血小板が減少することで血管自体が脆くなって傷つきやすい状態でいつの間にかあざができているからです。
これが痛みが伴うのならば、あざにも気付きますよね?

スポンサーリンク

身に覚えのないあざが全身のあちこちにできて、同じようにあちこちに痛みがあったら病院を受診すると思いませんか?
これががんの質の悪いところです。
白血病に限ったことではなく、食道がんに胃がん、肺がん、大腸がんなどの悪性腫瘍ははじめは些細な症状が体を蝕むサインとして現れます。
些細な症状であるが故に食べすぎやストレスが原因だったり体調くずしたかな?ぐらいにしか思われず放置しておいても次第によくなるだろうと軽視されがちです。
あのときにもっと早く受診しておけばよかったと後悔しないためにも、痛みがなくても体調に変化があり、一向によくならない場合はきちんと病院を受診して検査を受けましょう。
白血病であった場合は時間が経過すれば経過するほど血液成分が減少して、症状も重くなります。
重い感染症にかかったり輸血が必要になってしまいます。
白血病の治療は化学療法です。
骨髄のなかのがん細胞をすべて殺すという考えのトータルセルキルが原則です。
化学療法を繰り返し行うことで体の中のがん細胞をいなくするのが狙いです。
年齢や体の状態によって適応があれば、骨髄移植という方法も選択になってきます。
化学療法は体の状態がよければ、治療に伴う副作用も軽度で済みますが重い感染症を患ったりして悪くなった状態では薬の量を減らさなければならず治療に支障がでます。

スポンサーリンク