白血病 子供 10代 生存率

10代の子供の白血病の生存率

スポンサーリンク

□子供の白血病「小児白血病」とは?
白血病は『血液の癌』といわれる病気です。
「ガン」と言えば、大人、特にある程度の年齢に達してからかかる病気の様なイメージを持たれる方が多いと思いますが、白血病に関しては、子供の白血病は15歳以下の小児が発症するものを指し、「小児白血病」と呼ばれます。
白血病には「急性白血病」と「慢性白血病」があり、それぞれに「リンパ性白血病」と「骨髄性白血病」があります。
「小児白血病」は大人の白血病とは違う事が色々とありますが、その一つは白血病の種類で、小児白血病は全体の95パーセント以上が急性白血病で、残りの約5パーセントが慢性白血病です。
また、急性白血病の70から75パーセントがリンパ性白血病とされています。
白血病の種類によって症状や治療法が異なり、生存率も違ってきます。
□小児急性リンパ性白血病の特徴と生存率
小児の急性リンパ性白血病は小児の人口10万人に3人くらいかかると言われています。
女の子よりも男の子の方の方が発生率が少し高く、特に3歳から5歳の時に発症する事が多いですが、その他の年齢でも発症しますが、大人になって発症するのは稀です。
この病気にかかる原因はまだはっきりしていませんが、遺伝子や染色体が何かの影響を受けて異常が発生し、その積み重ねで発症すると言われています。

スポンサーリンク

小児の急性リンパ性白血病は複数の抗がん剤を組み合わせた治療や放射線治療、造血幹細胞移植などで98から99パーセントは完全官解、5年生存率は約80パーセントが期待されます。
これは成人の5年生存率が約40パーセント程度に対して、とても高いです。
しかし、悪化するスピードが速いのも特徴の一つで、発見が遅れると発症してから死に至るまでが早くなる場合もあります。
□小児急性骨髄性白血病の特徴と生存率
小児の急性骨髄性白血病は15歳未満の小児180万人に15から20人がかかると言われています。
ある種の遺伝子異常がこの病気の原因となる事が分っています。
大人の白血病の中では一番多いタイプです。
抗がん剤、放射線治療や造血幹細胞移植などの治療が行われると、長期生存率は70パーセント以上になると言われています。
□寛解とは?
寛解は『治癒した』『完治した』とは異なります。
治療が上手くいき、病気の状態が良くなって症状が軽くなったりほぼなくなった状態です。
検査データでは、骨髄の中にほとんど白血病細胞が認められなくなる事もあります。
しかし、この寛解状態を維持する為には飲み薬タイプの抗がん剤を飲む治療を続ける必要があります。
寛解したからと安心せず、通院を続け、体調に不安を感じた時はすぐに適切な治療を受ける事が大切です。

スポンサーリンク