白血病 あざ 病院 検査

あざができて白血病が疑われる時に病院で行う検査について

スポンサーリンク

白血病の初期症状は、疲れやすい、風邪の様な症状が改善しない、鼻血が出やすくなったり歯茎から出血しやすくなる、ぶつけた覚えがないのにあざができるなどがあります。
白血病の初期症状でできる「あざ」はぶつけて出来るあざと違って、特徴があります。
あざに気づいて白血病を疑い、病院を受診する時に行われる検査についてご説明します。
・ 白血病で出来る「あざ」の特徴について
白血病で出来るあざの大きな特徴の一つに、「ぶつけた覚えがないのにあざができる」です。
通常、ぶつけて出来るあざは出来てすぐの時には痛みがあるのですが、白血病ではぶつけて出来る訳ではないので、気づいた時に痛みがない事がほとんどです。
また、治りにくく、次々と出来る事が多いので、複数のあざが同時に見られる事もよくあります。
出来やすい部分は足の内側や膝の裏側等です。
・ あざができる病気について
あざには色々種類があり、すべてが出血が原因ではありません。
(赤ちゃんの蒙古斑もあざの一つと言えます。)
しかし、今回は出血が原因で生じる「あざ」の種類をご説明します。

スポンサーリンク

(特発性血小板減少性紫斑病)
国の難病に指定されている病気の一つです。
原因不明の血小板の減少によって出血しやすくなります。
この病気の「あざ」は点状や斑状になりやすいのが特徴です。
(白血病)
血液が作られる骨髄の中が白血病細胞でいっぱいになり、他の細胞、赤血球や血小板が充分に作られなくなり、抹消血液中の血小板の不足が原因で、出血しやすくなります。
そのためあざが出来やすくなるのですが、主に足に出来やすく膝の裏や太ももの内側に複数個できるのが特徴です。
(肝硬変)
慢性肝炎等が進行して肝臓の機能が低下する病気です。
肝臓は血小板とは別の機序で血液を固める成分を作る働きがあり、肝臓の機能低下により、この働きが下がる事で出血しやすくなります。
(病気以外で出血しやすくなる場合)
心臓病や脳血管障害の治療薬として、「抗凝固剤」や「抗血小板薬」があります。
これらの薬は血液をサラサラにする働きがあり、薬を飲んでいる間は副作用として出血しやすくなる事があります。
・ 病院での検査
あざが出来やすくなって病院を受診する場合、上記の様な病気を疑って検査が行われます。
血液サラサラの薬を飲んでいる以外では、あざを診ただけでは判断できない事がほとんどですので、血液検査が行われます。

通常、病院での血液検査は「血球検査」と「生化学検査」が行われます。
特発性血小板減少性紫斑病や白血病は血球検査を行い、抹消血中の血球の数や形態を調べ、異常が認められれば更に詳しい検査に進みます。
肝硬変が疑われる場合は血球検査で血小板数の減少があるのと同時に、生化学検査で肝機能が悪化していないかを調べます。

スポンサーリンク