白血病 原因 ストレス

ストレスが原因で白血病になる?

スポンサーリンク

白血病の原因は実はいまだに解明されていない部分が多いです。
白血病のいくつかあるうちのタイプにはウイルスや遺伝が原因になっているのではないかと考えれてはいます。
私たちが普段生活をしていてると体の中では意外かもしれませんが、がん細胞は作られています。
ですが、みんながみんながんに侵されるわけではありません。
それはなぜか?
免疫系が働きがん細胞をやっつけてくれているからです。
がん細胞はよく無秩序に増えると表現されています。
体の中で何らかの異変が起き、細胞に対し増殖するように刺激をするなにか、もしくは従来であればがん細胞を殺していた細胞が働かなくなる。
のどちらかあるいはその両方が原因でがん細胞は増えると言われています。
この何らかの異変がストレスや喫煙、自然界に存在する放射線などと言われています。
有害な化学物質や栄養バランスの悪い食品なども原因になり得るとされているので、そこにストレスもきっかけだと言われてもなんら不思議ではありません。

スポンサーリンク

実際に白血病の一種には染色体の異常が原因で引き起こされるタイプのものもまた存在しています。
ひと昔前に比べて健康寿命が長くなったのもがんという病気が発生する要因とも言われています。
以前は戦争で命を落としたり、結核等の感染症が死因の上位を占めていた時代がありました。
その後も脳梗塞や心筋梗塞という病気で亡くなることもありましたが、医療が発達したことでそれらの病気で命を落とすことが減り、生きながらえることができる時代になりました。
一説によると周りに気を遣って親切にしすぎる人も自己犠牲でストレスが蓄積してしまい白血病になるのではないかと言われていますし、悩みを他者に表出する人に比べてしない人の方が病気にかかる可能性は高いと言われています。
人生80年ほどは生きられる時代です。
人生のなかで遺伝子にいつの間にか小さな傷がつき、それが長い年月をかけて徐々に体を蝕みある時期にがんとして見つかると言われても納得できます。
白血病をはじめとした病気にかからないように普段からストレスを溜めずに発散させていくのがストレス社会である現代を生き抜く処世術かもしれません。
定期的に健康診断を受けたり、体調が悪いときは早めに病院を受診することも早期発見には有用でしょう。
結局は昔から言われているようにバランスを意識した食事、十分な休息や適度な運動、ストレスを溜めないという当たり前のことが重要のようです。

スポンサーリンク