白血病 再発 完治

白血病の「再発」と「完治」について

スポンサーリンク

白血病は「血液のガン」とも呼ばれる病気です。
白血病の治療は「寛解」を目指して行われます。
「寛解」は通常の生活に戻れる状態なのですが、他の病気の「完治」とは違います。
今回は、白血病の「寛解」「完治」「再発」についてご説明します。
・ 「寛解」とはなんでしょうか
白血病の治療で重要となるのが、この「寛解」です。
完全寛解とも呼ばれるのですが、この状態に達すると、抹消血液(体の血管を流れる血液)の中に白血病細胞が認められないか、骨髄中の白血病細胞の数が5パーセントを下回り、臓器への白血病細胞の浸潤が消失しています。
この状態になると通常の生活に戻る事が出来ますが、体の中には白血病細胞が残っているので、いつ再発するか分らない為、通院や体調の変化を注意深く観察する必要があります。
白血病では「完治」つまり、完全に治った、体の中に白血病細胞が全くなくなった状態にはならないため、この「寛解」の状態をいかに維持して行くかが大切になります。

スポンサーリンク

・ 白血病で「完治」といわれる状態は
白血病は「完治」することはありません。
寛解に達しても体の中には極少量の白血病細胞が残っているからです。
しかし、寛解に達して5年間再発しなければ、その後再発する可能性はかなり低くなるため、この状態を「完治」したと表現する事もあります。
・ 「再発」について
白血病が寛解に達した後、再び白血病の状態になると「再発」したといいます。
再発したときの自覚症状は、最初に白血病にかかったときの初期症状と似ている事が多いです。
初期症状は白血病の種類によって異なります。
急性白血病では風邪の様な症状が長く続いたり、熱が下がらない、体が疲れやすくなる等です。
慢性白血病では、抹消血液中に正常に働く事の出来る白血球がありますので、風邪の様な症状や熱が下がりにくくなる様な免疫の低下による症状が出る事はほとんどなく、体重が減る、疲れやすくなる等の症状が出る方が多い様です。
特に、慢性リンパ性白血病ではリンパ節の腫れで再発に気づく方もいらっしゃいます。
・ 白血病が再発したときの治療について
白血病が再発した時の治療方法は、造血幹細胞移植を勧められるが多いです。
しかし、一度造血幹細胞移植を行った後に再発し、もう一度造血幹細胞移植をすると、残念ながら一度目の移植のときよりも再発率が高いのが特徴です。
また、白血病に罹患した時期や、再発までの年数によっては、再発した時に高齢になっている事もあり、造血幹細胞移植に体が耐えられないケースもあり、その場合は、ミニ移植や抗がん剤での治療を行う事になります。

スポンサーリンク