白血病 血液検査 項目

白血病の血液検査項目について

スポンサーリンク

白血病の時に病院でどのような検査をするかご存知でしょうか。
白血病は「血液のガン」と呼ばれるくらいだから血液検査をするイメージはあると思います。
では、実際には血液でどんな項目を検査するのでしょうか。
今回は白血病の時に行われる血液検査の項目とそれぞれの結果の意味についてご紹介します。
・ 血液検査について
健康診断などで血液検査を受けた事のある方もいらっしゃると思います。
採血の時、いくつかの試験管の様な物に血液をとられている事に気づかれてますでしょうか。
検査項目別に試験管(採血管)が異なるため、目的に応じて適した採血管を使うため、通常、複数の採血管が使われます。
白血病の検査では、赤血球、白血球、血小板などを調べる「血球検査」、血漿成分の中のLDHや尿酸の量を調べる「生化学検査」が行われます。
・血球検査
赤血球数:血液中の赤血球の数を調べます。
基準値は女性380万から480万個/μl、男性410から530万個/μlです。
基準値を下回るときは、まず貧血が疑われます。
白血病では血液中の赤血球の数が減少する事もあります。
白血球数:血液中の白血球の数を調べます。
基準値は男女とも4000から9000/μl程度です。

細菌やウィルスによる感染や虫垂炎の様な臓器の炎症で基準値を上回り、心筋梗塞やがん、白血病でも基準値を上回る事があります。

スポンサーリンク

白血球数の基準値は個人差がある上、時間や運動、ストレス等でも上昇するので、基準値を少し上回るくらいでしたら、病気による物ではない事もあります。
基準値を下回るときはウィルス感染の初期や再生不溶性貧血、抗がん剤での治療などが考えられます。
白血球分類:白血球の種類を調べる検査です。
通常の健康診断ではされない事が多いです。
白血球数が多い時に白血球分類を行い、異常な白血球が増えている事から白血病にかかっている事を知る事が出来る事もあります。
血小板数:血液中の血小板の値を調べます。
基準値は男女とも15万から40万個/μl程度です。
血小板が減少すると出血しやすくなったり、出血が止まりにくくなる原因となります。
目安としては、5万個/μl以下になると鼻血や歯茎から血が出やすくなります。
白血病でも骨髄で正常な細胞を作る事が抑制されることから、血小板値が下がる事があります。
・生化学検査
LDH:血漿成分中のDLH(乳酸脱水素酵素)の値を調べます。
基準値は120から240IU/Lです。
LDHは体中の色々な組織に含まれているので、その組織がダメージを受けると血液中に流れ出し、結果として値が上昇します。
LDHの値の上昇はいろいろな病気が疑われるのですが、主な物では急性肝炎、心筋梗塞、癌、血液疾患(白血病を含む)などがあります。
しかし、妊娠後半期や筋肉痛でも上昇する事が知られています。

正しい検査を受ける為には検査前に筋肉痛を起こす様な運動は避けるべきです。
尿酸:血漿成分中の尿酸の値を調べる検査です。
基準値は、女性3.0から5.5ml/dl、男性4.0から7.0ml/dlです。
尿酸値の上昇は高尿酸血漿と呼ばれ、一般的に8.0ml/dlを越えると「痛風発作」がおきやすくなります。
白血病では異常に作られた未分化白血球が破壊される事により、尿酸値が上昇すると考えられています。
以上が白血病に関係する主な血液検査の項目です。
検診等ではこれらの項目に異常が見られた時、再検査や精密検査が行われて原因となる疾患を調べます。
これらの他にも検査項目はたくさんありますし、白血病にかかっていても、これらの項目に異常が現れない事もあります。
検診で異常がなくても、体調に異変を感じたときは病院を受診する事をお勧めします。

スポンサーリンク