白血病 原因 遺伝

遺伝が原因?白血病は関係するのか?

スポンサーリンク

自分自身や身近な家族や友人、恋人などが『がん』と診断されたらショックですよね。
ある統計によるといまは2人に1人ががんになる時代とも言われています。
がんとはなんなのでしょうか?
すべてのがんではありませんが病気の発生するメカニズムは科学の発達とともに解明されつつあります。
一説によると、私たちの体のなかには毎日がん細胞が作られているそうです。
しかし、がん細胞が体のなかに現れてもそれを異物とみなして消去する働きがそなわっています。
ウイルスが原因の白血病もありますし、事実日本のある地域の出身者で多く見つかるタイプの白血病もあります。
私たちの細胞は生活を送るうえで傷を負います。
その傷を修復する過程に異常があり、傷がついたまま長い年月が経過すると異常な細胞となりがん化するなどともいわれています。
例をあげると自然界に存在する放射線や喫煙などが遺伝子や細胞を傷つける原因です。
なかには抗がん剤を使用したことによる二次性の発がんもあります。
白血病の中にはそのようにしてDNAが複製される過程に異常が起きたりするケースもありますが実際のところは完全にはわかっていません。

スポンサーリンク

なかには親兄弟、親戚ががんだったという家系もありますが生活をともにする時間がながければ生活習慣も似通ってきたりするため遺伝とは言い切れません。
また、昔はいまほど長く生きられませんでした。
長く生きられるようになったことが原因だとするとやはり細胞が傷ついて知らず知らずのうちに体を蝕んでと考えるのが自然な気もします。
家族ががんだからと自分もと考えるのではなく、どうすればがんにならないのかを考えるようにしましょう。
昔から言われているように食事はバランスを意識したものを3食しっかり摂る、ストレスや疲れを溜めないように休息を十分に取る、余暇活動を充実させる、定期的に運動する、禁煙などが健康に良いと言われています。
健康に良いからと偏った品目の食品を摂ることはよくありません。
遺伝するかわからないものの、健康診断を定期的に受けることは有用です。
がんは早期にみつかれば病気と付き合いながら生きることができるようになりつつあり、不治の病とは言えなくなってきています。
がんの種類によっては内服するタイプのものもあります。
持病などがあると使えないあるいは減量せざると得ないなど十分な効果を享受できないこともあるので治療成績をあげるためにも普段の生活習慣はよくしておくことに限ります。

スポンサーリンク