白血病 血液以外 検査

白血病の血液以外の検査

スポンサーリンク

白血病が疑われたら病院で様々な検査が行われます。
白血病は「血液のガン」とも呼ばれる病気なので、血液検査をするイメージはあると思うのですが、それ以外にどのような検査をするかご存知でしょうか。
今回は病院で行われる白血病の検査、特に血液検査以外についてご紹介します。
・ 検査の種類
白血病の検査は、「血液検査」「骨髄検査」「染色体検査」「遺伝子検査」
・ 血液検査について
血管から採血をして、抹消血液(体の中を流れる血液)中の赤血球、白血球、血小板の数、さらに、白血球分類(白血球の種類)を調べます。
そのた、血球以外の「血漿成分」の検査も行われます。
・ 骨髄検査
抹消血液検査で白血病やその他骨髄の中の細胞に問題がある病気が疑われる時に行われます。
通常の採血は、看護師等によって行われる事がほとんどですが、骨髄穿刺は医師によって行われます。
骨髄液は胸の真ん中にある「胸骨」か、腰骨の横の「腸骨」から行われます。
骨髄液は骨の内部にあるので、採取するのにかなりの痛みを伴うので、局所麻酔をして行われます。

スポンサーリンク

局所麻酔後、骨に穴を開けて、開けた穴から注射器で骨髄液を少し採取し検査をします。
この検査で、どの白血球の元に異常が起きているかを判断する事が出来ます。
「骨に穴を開ける」と聞くと大きな手術の様な印象を受けるかもしれませんが、太めの針が通る程度の穴です。
通常は入院の必要はなく、外来で行われます。
・ 染色体検査
癌化した白血病細胞の染色体を血液や骨髄液を使って調べます。
この検査で、白血病の種類を詳しく調べる事が出来、治療方法を決めるのに役に立ちます。
・ 遺伝子検査
一部の白血病では遺伝子に異常がある事が分っています。
同じ種類の白血病でも遺伝子の異常がある物とない物では悪性度が異なる事があり、治療方法が異なる事もあります。
遺伝子検査は、採血によって採取された血液や骨髄穿刺でとられた骨髄液を使って行われます。
・ CT
レントゲンで行われる検査です。
通常のレントゲン撮影とは異なり、CTでは体を何枚にも輪切りにした様な写真を取る事ができます。
白血病では「脾臓」や「肝臓」が腫れている事が多く、CTで臓器の腫れがないかを調べる事が出来ます。
また、種類によってはリンパ節が腫れていることもあるので、こちらも調べる事が出来ます。

・腹部エコー検査
妊娠経験のある方でしたら、妊婦検診の時にお腹の赤ちゃんを見る検査でおなじみの検査です。
臓器の腫れについては腹部エコー検査で検査する事も出来ます。

スポンサーリンク