白血病 血小板 増加

白血病で血小板が増加する原因

スポンサーリンク

白血病は「血液のガン」とも呼ばれる悪性の病気です。
癌化した白血球が異常に増殖する事や、抹消血液中の他の血球の赤血球や血小板が減少する事をご存知の方も多いと思いますが、血小板が増加する事もある事をご存知でしょうか。
今回は白血病で血小板が増加する原因やその問題点についてご説明します。
・ 血液はどのようにして作られるのでしょうか
抹消血は固形成分の血球成分と液体成分の血漿からなります。
血球成分は赤血球、白血球、血小板の3種類があります。
これらの血球成分は骨髄の中の造血幹細胞から作られます。
造血幹細胞はすべての血球の元となる細胞で、分化、成熟し、働きの異なる3種類の血球となり抹消血液中に送り出されます。
この骨髄の中で血球を作るシステムに異常が生じて、異常な数の血球を作る状態を「骨髄増殖性腫瘍」といいます。
・ 骨髄増殖性腫瘍とは
正常な状態では、骨髄の中では適切な数の血球を作り続けるようになっています。
しかし、骨髄増殖性腫瘍では、赤血球系、白血球系、血小板系のどれか、または、いくつかの系統に異常が起こり過剰に血球を作り出す疾患群の事です。

スポンサーリンク

疾患群とは一つの病気を示すのではなく、同じ様な病態を示す疾患をまとめて指す言葉です。
白血病は骨髄の中で異常な白血球を過剰に作る病気なので、骨髄増殖性疾患の一つとして分類されます。
白血病の他には「原発性骨髄線維症」「本態性血小板血漿」「真性赤血球増加症」があります。
・ 白血病で血小板が増加する理由
慢性骨髄性白血病での白血球のがん化は急性骨髄性は血病に比べて血球がより未分化な状態で起こります。
この様に非常に未分化な状態で癌化した場合、白血球系だけでなく赤血球系や血小板系に分化する前であれば、赤血球系の細胞や血小板系の細胞も異常に増殖する原因となります。
慢性骨髄性白血病では各細胞は成熟する事が出来るので、異常に増殖した各系統の細胞は最終的には成熟した状態になります
つまり、抹消血中には異常に増加した赤血球や血小板が認められる事になります。
これは、慢性骨髄性白血病の特徴で、造血幹細胞の分化が関係するために慢性リンパ性白血病や急性白血病では見られる事はありません。
・ 異常に増殖した血小板の働きについて
慢性骨髄性白血病で異常に増加した血小板も異常のある細胞から分化、成熟した物なのですが、正常な状態で作られた血小板の働きとほとんど差はありません。
したがって、慢性骨髄性白血病の慢性期では「出血しやすくなる」という症状はほとんどでません。

スポンサーリンク