白血病 血液検査 異常なし

白血病の血液検査で異常なしとなる場合

スポンサーリンク

・ 白血病の血液検査
血液検査には大きく分けて、血球成分を検査する「血球検査」と液体成分の血漿を検査する「生化学検査」があります。
血球検査では、抹消血液中の赤血球、白血球、血小板などの数を調べます。
白血病の種類にもよりますが、ほとんどの場合、白血球の数が増加し、赤血球や血小板の数が減っています。
また、白血病では、骨髄の中の未分化な白血球が抹消血液中に出て来ている(これを白血病細胞と呼ぶ事もあります)ので、抹消血液中の白血球に未分化な白血球が出て来ていると白血病を疑う事が出来ます。
白血球の分化には段階があります。
強い炎症や広範囲に及ぶ炎症が起こっている場合、免疫機能としてたくさんの白血球が必要となり、血液中の白血球の数が上昇したり、骨髄で充分に成熟する前にある程度まで成熟した段階で抹消血液中にやや未分化な白血球が出現する事もあります。
この場合血液データだけを見ると、白血病を完全には否定できない事もありますが、臨床症状や他の検査で鑑別する事は容易です。

スポンサーリンク

・ 白血病で通院中に行う血液検査について
白血病が寛解に達したときは抹消血液中に白血病細胞が検出されません。
そのため、血液検査上では異常なしになる事は大いに考えられる事です。
・ 白血病の初期症状を疑って病院を受診した時に異常なしの場合
風邪の様な症状が続く、熱が出てなかなか下がらない、鼻血が止りにくい、ぶつけた記憶がないのにあざができているなど、白血病の初期症状があり、病院を受診しても血液検査で異常なしの場合があります。
血液検査を行い、血球検査でも生化学検査でも異常を認められず異常なし、「白血病かも」と思って覚悟を決めて病院を受診したのに狐につままれた様な気分になった方もいらっしゃると思います。
結論から言えば、医師に寄り「白血病ではない」と判断されたのであれば、まず「白血病ではない」といえるのではないでしょうか。
白血病でも白血球数が増加せず、他の血球も減少しない事もありますが、白血球分類をすると白血病細胞が検出されます。
白血病を疑って検査する場合は、通常の血球検査に加え、白血球分類まで検査します。
白血球分類に白血病細胞がないと、まず白血病は否定されます。
ただし、白血病以外の病気が潜んでいて、自覚症状が出ているのかもしれませんので、その辺りは医師の診断を仰ぎ、必要に応じて他の検査を受ける必要がある可能性もあります。

スポンサーリンク