慢性骨髄性白血病 スプリセル 副作用

白血病の治療薬「スプリセル」とその副作用について

スポンサーリンク

「スプリセル」という薬をご存知でしょうか。
白血病の治療に使われる抗がん剤の一つです。
今回は「スプリセル」がどのように作用するか、そして、その副作用についてご説明します。
・ 抗がん剤はどうして効くのでしょうか
昔から抗がん剤はいろいろな癌の治療に使われています。
抗がん剤は簡単に言うと「どんどんと増える元気な細胞」を攻撃する様な薬です。
ガン細胞は他の細胞に比べるとどんどん増えるので、抗がん剤が効く事になります。
また、抗がん剤の副作用として髪の毛が抜けるというものがありますが、これも髪の毛を延ばす毛根の細胞の分裂が早いため抗がん剤が毛根の細胞も攻撃する結果、髪の毛が抜けるという症状が起こるのです。
・ 「スプリセル」とは

スポンサーリンク

スプリセルは商品名で、薬自体の名前は「ダサチニブ」といいます。
慢性骨髄性白血病の薬で、以前から使用されていたイマチニブ(商品名「グリベック」)が効きにくい場合でも効果が高い事があります。
作用機序は、一般の抗がん剤と同様なのですが、「元気のいい細胞を攻撃する」というターゲットを絞りきれていない働きでなく、ガン細胞が持っている特徴的な性質を攻撃するのが特徴です。
細胞を増殖させる信号を伝える物質に「チロシンキナーゼ」という酵素があるのです。
通常でもこの酵素は働いているのですが、異常なチロシンキナーゼが作られると細胞は勝手にどんどんと増えて行く事になります。
これは細胞が癌化する事につながるので、チロシンキナーゼの働きを抑えれば癌細胞が異常に増殖する事を防ぐ事になります。
この機序を利用して作られたのが「スプリセル」です。
・ 「スプリセル」の副作用
スプリセルは抗がん剤なので、他の一般的な抗がん剤の副作用と同様、吐き気、嘔吐、下痢、発疹、むくみ、頭痛などがでます。
副作用の中で特に注意が必要なのが、「骨髄抑制」によって血球の数が減少する事です。
これは、白血球が減少すると感染症にかかりやすくなる、血小板が減少すると皮下出血や歯茎からの出血、鼻血が出やすくなる等です。
スプリセルに特異的な副作用は、体液貯留です。
体液とは胸水(胸に水がたまる)や腹水(お腹に水がたまる)などなのですが、スプリセルの副作用では特に胸水が貯まる事が多く、胸水が貯まった事で息苦しくなったり、急に体重が増える事で気づく事があります。
他にも、不整脈や間質性肺炎(肺炎の一種)なども注意が必要です。
この薬を使っている間は、いつもと何か違う症状を感じたら、すぐに担当の医師に相談する事が大切です。

スポンサーリンク