血小板 少ない 白血病 原因

白血病で血小板が少ない原因はなんでしょうか?

スポンサーリンク

白血病になるといろいろな症状が出ます。
その中でも、あざが出来やすい、鼻血が出やすい、歯茎から血が出やすい、出血が止まりにくいなどの症状をご存知の方は多いのではないでしょうか。
これらの原因は血小板の数が少ないのが原因です。
今回は白血病と血小板が少なくなる原因についてご説明します。
・ 造血幹細胞とは
赤血球、白血球、血小板はすべて骨髄の中にある造血幹細胞から作られます。
造血幹細胞はまず骨髄系幹細胞とリンパ系幹細胞に分化します。
その後、骨髄系幹細胞は分化、成熟を繰り返し、最終的には、赤血球、血小板、顆粒球(好中球、好酸球、単球等)になります。
リンパ系幹細胞は最終的にリンパ球になります。
このように、血球を作る元は造血幹細胞なのですが、造血幹細胞は自己複製能力があるので、なくなる事はありません。

スポンサーリンク

・ 血小板が少なくなる原因は
(慢性骨髄性白血病)
慢性骨髄性白血病は骨髄の中の造血幹細胞が癌化し白血病細胞となり、どんどん増える病気です。
造血幹細胞は各種細胞の元となる細胞なので、白血球が増えるだけでなく、初期では赤血球や血小板も増えます。
慢性骨髄性白血病の白血病細胞は成熟する力があるので、初期は自覚症状が少ないのが特徴です。
その後、急性転化すると骨髄の中が白血病細胞でいっぱいになり、他の細胞を作る事が出来ず、赤血球や血小板の数は少なくなります。
赤血球は血小板が少ないと体調に異変を起こします。
(急性骨髄性白血病)
骨髄の中の造血幹細胞が骨髄系幹細胞へ分化した後の段階の細胞が癌化し白血病細胞になった病気です。
どの段階の細胞が癌化するかによって性質が異なります。
血小板の元となる細胞に異常はないので、慢性骨髄性白血病の様に血小板が異常に増える事はありませんが、急性前骨髄性白血病でも骨髄の中が白血病細胞でいっぱいになると赤血球や血小板を充分に作る事が出来なくなるため、血小板の数が減ります。
(急性リンパ性白血病)
小児に多い白血病で、成人では他の白血病よりも頻度は少ないです。
血小板が少なくなる理由は他の白血病と同じです。
リンパ球の元となる細胞は血小板の元となる細胞とは別の系統なので、血小板が増えすぎる事はありません。

スポンサーリンク