急性骨髄性白血病 慢性骨髄性白血病 違い

急性骨髄性白血病と慢性骨髄性白血病の違い

スポンサーリンク

白血病には急性と慢性があり、それぞれに骨髄性とリンパ性があります。
今回は骨髄性白血病の「急性」と「慢性」の違いについてご説明します。
・ 骨髄性白血病とは
白血病は白血球が癌化する病期です。
白血球は顆粒球とリンパ球の2種類に大きく分けられます。
どちらの白血球も骨髄の中の造血幹細胞から作られます。
造血幹細胞はまず骨髄系幹細胞とリンパ球系幹細胞に分化します。
その後、骨髄系幹細胞は分化・成熟し、顆粒球、単球などの白血球と赤血球や血小板になります。
リンパ系幹細胞はリンパ球へと成熟して行きます。
骨髄景観細胞とは違い、リンパ系幹細胞は赤血球や血小板等には分化しません。
骨髄性白血病はこの骨髄系幹細胞が分化成熟して行く過程で癌化する病期です。
・ 慢性骨髄性白血病とは
慢性骨髄性白血病は造血幹細胞ががん化する病気です。
癌化した白血球(白血病細胞)は抹消血液(体を流れる血液)に出て来た状態です。

スポンサーリンク

この白血病細胞は分化、成熟する能力を持っているので検査をすると、各成熟段階の顆粒球が見られます。
通常、抹消血液の検査では白血球の数は増加、血小板の数も増加している事が多いです。
初期では赤血球の数は変化していない事が多いですが、病気が進行すると減少し、貧血の状態になります。
・ 急性骨髄性白血病とは
慢性骨髄性白血病と同様、骨髄系幹細胞か、その後の成熟の途中のいずれかの段階の細胞ががん化し白血病細胞となった病気です。
この白血病細胞は成熟の成熟能力は持っていません。
そのため、通常、抹消血液中には同じタイプの白血病細胞しか認められません。
分化、成熟のどの段階の細胞が癌化したかによっては、抹消血液中の血小板の数が減少する事もあります。
・ 慢性骨髄性白血病と急性骨髄性白血病の違い
どちらも骨髄性白血病なので、癌化する白血球のタイプは同じです。
しかし、慢性では癌化した白血病細胞は成熟する事が出来るのに対し、急性の方は成熟する能力はありません。
慢性骨髄性白血病は急性骨髄性白血病が慢性化した物とは違います。
・ 慢性骨髄性白血病の急性転化
慢性白血病は進行すると薬等でコントロールできない状態、「急性転化」を起こす事があります。
この状態になると、急性骨髄性白血病に似た症状になり、急性骨髄性白血病との識別が困難になる事も多いです。
しかし、逆に急性骨髄性白血病の状態が落ち着いていたとしても、慢性化はする事はありません。

スポンサーリンク