白血病 末期 モルヒネ

白血病の末期に使われる「モルヒネ」について

スポンサーリンク

白血病に関わらずがん等の悪性の病気の末期で「モルヒネ」が使われる事がある事をご存知の方は多いのではないでしょうか。
「モルヒネ=麻薬」や「モルヒネ=死期が近い」のイメージを持たれている方も多いのではないかと思います。
今回はモルヒネについてと、白血病の末期でモルヒネが使われる理由についてご説明します。
・ モルヒネとは
モルヒネはケシを原料として作られる「アヘン」から作られます。
また、モルヒネからは麻薬としてよく耳にする「ヘロイン」が作られます。
モルヒネは強い鎮痛、鎮静作用があるのですが、依存性が強く使い方によっては健常な人が使うと中毒になる可能性もあるので厳しい管理をする様に法律で決められている薬品です。
しかし、癌などで強い痛みがある場合は、医師によって適切な量が処方され、正しい使い方をされるため中毒や依存になる心配はありません。
モルヒネは鎮痛作用の他、呼吸困難を緩和する作用もあるので、席等で呼吸が充分に出来ない時にも効果があります。

スポンサーリンク

・ 痛み止めの種類
一般的な痛み止めとして「ロキソニン」や「カロナール」が知られていて、通常の痛み止めとしても使われます。
これらは市販されているため薬局等でも購入できます。
更に強い痛み止めに「ボルタレン」があります。
ボルタレンを購入するのには医師の処方箋が必要です。
ボルタレンでも痛みを抑えられなければ「モルヒネ」を使用する事になります。
一般的な鎮痛薬は使い続けると効果が出にくくなること(天井効果といいます)があるのですが、モルヒネには天井効果がないので、使い続ける事が出来ます。
これは強い痛みを緩和するモルヒネの大きなメリットの一つです。
・ モルヒネが白血病末期で使われる理由
白血病が末期になると白血病細胞が骨髄の外、中枢神経やリンパ節、骨、皮膚に転移します。
癌による痛みは癌細胞が増殖し他の臓器を圧迫する事や骨や他の臓器、神経に浸潤する事で生じます。
この様な痛みを緩和する為にモルヒネが処方されます。
・ モルヒネの使用と余命
モルヒネの使用目的は痛みの緩和や呼吸を楽にする事です。
そのため、強い痛みがあれば末期でなくても使われます。
造血幹細胞移植を行った後に強い痛みが出る事もあり、その際、痛みを軽減する為にモルヒネを使う事もあります。

また、モルヒネを使ったからといって、余命が短くなる事はありません。
悪性疾患の末期で使用される事が多いため、モルヒネを使うと余命が短くなるという間違ったイメージがついている物と思われます。

スポンサーリンク