白血病になりやすい人

白血病になりやすい人とは?

スポンサーリンク

肝臓癌の主な原因が肝炎ウィルスであったり、胃癌の原因がピロリ菌であったりと、細菌では悪性疾患の原因が判明されてきました。
では、白血病の原因や白血病になりやす人はいるのでしょうか。
今回は白血病になりやすい人はいるのか、もしいるのならどのような人がなりやすいのかについてご説明します。
・ 白血病の原因
白血病は骨髄の中で造血幹細胞が癌化する病気です。
癌化する原因は複数の遺伝子の異常が組み合わさった結果と考えられています。
また、成人T細胞性白血病ではHTLV-1というウィルスの感染が原因だと分っています。
・ 白血病になりやすい人はいるのでしょうか?

スポンサーリンク

白血病になる原因はまだ不明な所がほとんどです。
そのため、白血病になりやすい人はどんな人かははっきりしていません。
しかし、放射線や一部の抗がん剤(アルキル化剤など)は白血病発症の原因となりうる医学的根拠があるといわれています。
そのため、危険な線量の放射線被爆をした方やこれらの攻守要約を用いる治療を受けた方は白血病になりやすいと言えます。
その他、日常生活では、長年の喫煙、肉や脂質が中心の食生活で野菜の摂取量が少ない方、ストレスを多く感じている方も他の方よりも白血病になる可能性が高いと言える様です。
HTLV-1に関しては、約95パーセントの方は成人T細胞性白血病を発症せず、キャリアのまま生涯を終えます。
つまり、HTLV-1に感染している方は感染していない方より白血病にかかる可能性が高いです。
また、先天性異常の「ダウン症候群」にまれに白血病が合併する事が知られています。
私たちは通常、23組46本の染色体を持っています。
しかし、ダウン症候群は21番目の染色体が3本あり、合計47本の染色体があることで起こります。
通常、小児に多い白血病は「急性リンパ性白血病」で小児白血病の70パーセント程度を占めます。
しかし、この病気に合併する可能性の高い白血病は「急性骨髄性白血病」です。
ダウン症候群の子供はダウン症候群ではない子供に比べて、白血病にかかる可能性が10から20倍高いとされています。

スポンサーリンク