なぜ白血病になるのか

なぜ白血病になるのか?

スポンサーリンク

なぜ白血病になるのか?
一部の白血病をのぞき、なぜ白血病になるかは分っていない部分が多いです。
しかし、一部の白血病では原因がわかっています。
また、医学的に白血病になる可能性のある原因がわかって来ている物もあります。
今回はなぜ白血病になるのか、その原因についてご紹介します。
・ なぜ白血病になるのか?
白血病は骨髄の中の造血幹細胞が癌化し白血病細胞になる病気です。
なぜ癌化するかというと、最近の研究では、何段階も遺伝子異常を繰り返した結果、最終的に癌化すると考えられています。
この様に遺伝子を傷つける原因は発がん物質やウィルスなどがあります。
・ 発癌性物質とは
発癌性物質は発癌性のある物化学物質の事です。
発癌性とは正常な細胞を癌化させる事です。
発癌性は「国際がん研究機関」で4つのグループに分けられています。

スポンサーリンク

実際に癌が発生するメカニズムは原因が一つだけではなく、色々な要素が絡み合って発生すると考えられています。
発がん物質としてよく知られている物の一つに「タバコ」があります。
タバコは他の色々な癌の原因となるといわれていますが、白血病の原因の一つではないかと考えられています。
これは、タバコに発がん物質が含まれているからです。
また、シックハウス症候群で知られる様になったホルムアルデヒドも白血病を含む癌になるリスクがあるといわれています。
その他、食品添加物として使われている「亜硝酸ナトリウム」も危険だといわれています。
これは毒性が強いので厚生労働省によって使用料が決められている化学物質です。
亜硝酸ナトリウムは肉等に含まれている「アミン」という成分と反応して、ニトロソアミンに変化するといわれています。
このニトロソアミンは発がん物質の一つです。
・ ウィルスが原因の成人T細胞性白血病
成人T細胞性白血病の原因はHVL-1 というウィルスが感染する事です。
このウィルスは白血球の一種のT細胞に感染します。
感染したT細胞は癌化します。
この癌化したT細胞の事をATL細胞といいます。
ATL細胞がどんどんと増殖する結果、成人T細胞性白血病になります。
HTLV-1ウィルスに感染しても必ずしも成人性T細胞性白血病になる訳ではありません。

ほとんどの方がキャリアのままで、感染した方の約5パーセント位が発症します。
ウィルスの感染経路は主に母乳による母子感染で、このウィルスに感染しているかは妊婦検診に含まれますので、感染を防止する事が可能です。

スポンサーリンク