白血病 原因 食生活

白血病の原因と食生活

スポンサーリンク

白血病は「血液のガン」とも呼ばれ、かつては不治の病として恐れられてきました。
しかし、現在では新しい薬の開発や治療方法の改善などで長期生存が可能になってきました。
日常生活で何か気をつければ罹らないなるのでしょうか。
今回は、白血病の原因と食生活の関係についてご説明します。
・ 白血病の原因について
白血病は骨髄の中の白血球の元となる幹細胞が癌化して白血病細胞になる病気です。
白血病細胞は正常な白血球が行う免疫の働きをする事ができませんので、白血病になると感染症を起こしやすくなります。
また、骨髄の中が白血病細胞でいっぱいになると、骨髄の中で作られる赤血球や血小板を充分に作る事が出来なくなるので、貧血の症状が出たり、出血しやすくなる、血が止まりにくくなるなどの症状が出ます。
白血病細胞は幹細胞の遺伝子が傷つく事によって起こります。
これは他のがんも同じです。

スポンサーリンク

成人T細胞性白血病の原因はHTLV-1というウィルスが原因という事が分っていますが、その他の白血病ではまだまだはっきりとした原因は分っていません。
しかし、発癌性物質やストレス等色々な要因が重なって遺伝子が傷つく事が原因だろうと考えられています。
・ 発癌性物質を含む食品
健康に気遣う方は食生活にも注意されていると思います。
特に食品に発癌性物質が含まれている可能性があるのは、メディア等でご存知の方も多いのではないでしょうか。
肉を加工する際に発色を良くする為に使われる「亜硝酸ナトリウム」は肉に含まれている「アミン」という物質と反応して「ニトロソアミン」に変化します。
ニトロソアミンは発癌性物質として知られています。
亜硝酸ナトリウムは毒性が高いので厚生労働省によって使用料を決められていますが、禁止されている訳ではありません。
また、一部の合成甘味料も発癌の可能性があると指摘されています。
また、私たちの体の中で作られているホルモンも癌の原因となる物がありますし、ストレスや活性酸素も癌の原因となるといわれています。
白血病に関わらず、癌を予防する為には、食生活に気をつける、つまり、免疫力を高める食品や抗酸化作用を持つ食品、抗がん作用を持つ食品等をとる事をお勧めします。
私たちが生きて行く上でとても大切な食生活ですが、加工食品には化学物質が含まれている事が多いので、心配な方は出来るだけ自然な食品をとる様に心がけるといいのではないかと思われます。

スポンサーリンク