悪性リンパ腫 原因 ストレス

悪性リンパ腫の原因とストレスの関係について

スポンサーリンク

悪性リンパ腫は白血病と同じ様に「血液のガン」と呼ばれる病気です。
俳優の高倉健さんが悪性リンパ腫で亡くなられたので、この病気について耳にした事がある方は多いのではないでしょうか。
今回は悪性リンパ腫についてと、原因、またストレスが原因になるのかをご説明します。
・ 悪性リンパ腫とは
悪性リンパ腫は白血球の中のリンパ球が癌化した病気です。
悪性リンパ腫が発生する場所は、リンパ系組織とリンパ外組織(節外臓器とも呼ばれます)の2か所に分けられます。
リンパ系組織はリンパ節や胸腺などの臓器で、リンパ外組織は組織や体中にある「リンパ節」やリンパ節同士を繋ぐ「リンパ管」と液体成分のリンパ液からなります。
そのため、悪性リンパ節は体のどこでからでも発生する可能性があります。

スポンサーリンク

・ 悪性リンパ腫の原因
なぜ悪性リンパ腫になるかの原因は一部を除き、まだはっきりとしていません。しかし、細胞の中にある染色体に何らかの異常が出て、癌遺伝子が活動を始め、その結果して、リンパ球系の細胞が癌化することでこの病気になるのではないかと考えられています。
その他、「EBウィルス」や「HTLV-1」、胃潰瘍や胃癌の原因として知られている「ヘリコバクター・ピロリ」などのウィルスやある種の細菌感染、また、特定の有害物質や放射線なども原因になるのではないかという考えもあります。
・ 悪性リンパ腫とストレスの関係
悪性リンパ腫の原因はまだすべてが解明されている訳ではありません。
そのため、ストレスが原因で悪性リンパ腫になるとは言い切れませんし、ならないとも言い切れません。
ただし、ストレスが原因で健康的な生活を送る事ができず、その結果として遺伝子に傷がついて結果として悪性リンパ腫にならないとも限りません。
しかし、これは悪性リンパ腫に限った事ではなく、ストレスが色々な病気の原因になる可能性はあります。
悪性リンパ腫にならない為にストレスを溜めない生活を送るのではなく、色々な病気になるリスクを減らす為に上手にストレスを解消できる生活を送る様に努めるべきだと思われます。

スポンサーリンク