血液 疾患 種類

血液疾患の種類について

スポンサーリンク

血液は赤い液体ですが、実際にはどんな成分で出来ているかご存知でしょうか。
血液は液体成分と固形成分から成り、固形成分には赤血球、白血球、血小板があります。
それぞれの成分に異常が起こると病気(疾患)になります。
病気の種類によっては一つの成分の異常もあれば、複数の成分に異常をきたす事もあります。
今回は血液の病気、「血液疾患」の種類についてご説明します。
・ 赤血球に関する疾患
赤血球が関係する疾患で最も多いのが「貧血」です。
貧血は赤血球が足りなくなる病気です。
不足する原因によって、色々な種類の貧血があります。
貧血の中で最も多いのが「鉄欠乏性貧血」で、貧血全体の70パーセント程になります。

スポンサーリンク

赤血球の原料となる鉄分が不足する事が原因で、偏った食生活や消化管からの出血、生理の出血なども原因となります。
その他、赤血球が作られる過程の問題が引き起こす貧血には、「巨赤芽球性貧血」や「再生不良性貧血」があります。
その他、赤血球は正常に作られていても何らかの原因で赤血球が寿命に達する前に体の中で壊される「溶血性貧血」、他の病気や妊娠が原因となる「続発性貧血」、病気やけがなどで出血する事で起こる「出血性貧血」があります。
逆に赤血球の数が異常に増える「多血症」という病気もあります。
・ 白血球に関する疾患
白血球に関する疾患は「白血病」です。
白血病には「慢性」と「急性」があり、それぞれに「骨髄性」と「リンパ性」があります。
また、白血球には色々な種類があり、感染、アレルギーなどで、増える種類が異なります。
・ 血小板に関する疾患
血小板の数が少なくなる疾患を「血小板減少症」と言います。
血小板減少症には「特発性血小板減少性紫斑病(ITP)」と「血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)」などがあります。
血小板の数が増える病気は「血小板増加症」があり、血小板が作られる骨髄の働きに異常がある「一時性増加症」と骨髄以外の場所が問題となる「二時性増加症」、遺伝が原因の「遺伝性血小板血症」に分けられます。
また、数には問題がないが、血小板の働きに問題が生じる「ベルナール・スーリエ症候群」「血小板無力症」などもあります。

スポンサーリンク